テーラーメイド M3 ドライバー 440


写真:テーラーメイドゴルフ

 

テーラーメイド M3 ドライバー 440 評価
松山英樹がM3ドライバー440を使い始めたということから、さらに人気が高くなってきています。M3ドライバーは、Yトラックという移動式のウェイトを搭載しており、重心深度を調整できるようになっています。M3ドライバーは、ヘッド体積が440cc、460ccの2種類ありますが、こちらでは440ccの紹介です。

M3ドライバー440cc 松山英樹も使用

松山英樹もM3ドライバー440を使用しています。それにより、平均飛距離アップができているとのことです。テーラーメイドのハンマーヘッド+ツイストフェースにより、飛んで曲がらないを実現できているようです。


基本スペック

純正シャフトのフレックスはSのみ、ロフト角9度のみとなります。
SRはカスタムとなります。

  • ロフト角:9
  • ヘッド体積:440cc
  • ライ角:58度
  • 純正シャフト:KUROKAGE TM5
  • 長さ:45.55インチ
  • グリップ:TM360 Black / Gray CP( 径60/47.5g)

KUROKAGE TM5 シャフトスペック

フレックス トルク シャフト重さ クラブ総重量 スイングウェイト キックポイント
S 4.1 55 309 D2.5 中調子

その他、カスタムシャフト

M3ドライバーに装着できるカスタムシャフト

  • Speeder 661 evoIV
  • Tour AD IZ6
  • Diamana RF60
  • ATTAS COOL6

 

M3 ドライバー 440 2018年 特長

M3 ドライバー 440は、ヘッド体積が少し小さ目の440ccとなっています。M3ドライバーには、ヘッド体積が460cc、440cc があります。好みのヘッドを選ぶことができます。

M3ドライバーの最大の特長は、重心位置、重心距離を調整することができるという点です。Yトラックを搭載して、ウェイトを移動させることができます。M3ドライバー、M4ドライバーどちらにもハンマーヘッドが搭載されているのですが、何故かM3ドライバーの方が、反発力が高いように感じます。Yトラックで重心調整ができる影響なのかもしれません。

Yトラック

ソール側にウェイトが2つ取り付けられており、Y字方向に移動させることができます。このウェイトで、重心深度と重心距離が変更できます。以前より、テーラーメイドはウェイトを移動させて、自由度の高いグラビティ・コントロールを目指しています。M3ドライバーは、更に進化したYトラックで重心コントロールが可能となっています。

低スピンが打てる|浅重心・前重心

ウェイトをフェース面寄りに移動させれば、重心深度は浅くなり、前重心となります。低スピンなボールが打ちやすくなります。

高弾道が打てる|深重心

ウェイトをヘッド後方に移動させれば、重心深度は深くなり、深重心となります。慣性モーメントが高まり、バックスピン量が増え、高弾道が打ちやすくなり、直進性も良くなります。

ドローが打てる|DRAWポジション

ウェイトを、DRAWポジション(ヒール側)に移動させると、捉まりが良くなり、ドローボールが打ちやすくなります。

フェードが打てる|FADEポジション

ウェイトを、FADEポジション(トゥ側)に移動させると、捉まりを抑えて、フェードボールが打ちやすくなります。

Yトラックの調整方法
Yトラックの調整方法に関しては、テーラーメイド公式サイトにて紹介されていますので、参考にしてみてください。
Yトラックの調整方法|テーラーメイド公式サイト

 

ツイストフェース

フェースを捻じることで、適切なギア効果を発生させて、できるかぎり直進性を高めています。

ギア効果を最適化
ツイストフェース詳細

ハンマーヘッド

スピードポケットの進化系であり、全く別の構造となっています。ソール側のフェース面寄りに配置されている溝のことです。2本のリブにより、溝が3つに分割されています。この2本のリブがヘッドとフェースの無駄な撓みを抑えてくれるので、インパクト時のエネルギーを反発力に変換して飛ばすことができます。今までに多くのテーラーメイドのドライバーを使ってきましたが、今まで最強の弾き感となっています。誰が打っても飛距離アップできるはずです。

最大反発力で飛ばす
ハンマーヘッド詳細

 

M3ドライバー440 2018年モデルは、こんなゴルファーに向いています

重心深度を調整して、思い通りの弾道を打ちたい人に向いています。M3ドライバーは、ある程度のパワーを持ったゴルファー、ヘッドスピードが速いゴルファーが使用することで、効果が発揮できます。アスリート向けのモデルとなっています。

向いてるゴルファー

  • 重心深度、重心距離を調整したいゴルファー
  • ヘッドスピードの速いゴルファー
  • スピン量を減らして、飛ばしたいゴルファー

 

M3ドライバー440 2018年モデル 購入・最安値

テーラーメイド M3 ドライバー 2018年モデルは、テーラーメイド公式ネットショップで購入できます。
総額:66,096円(本体価格:61,200円+消費税:4,896円)送料無料

 

関連記事

価格情報

その他の記事

テーラーメイド グローレ F2 ドライバー...
views 584
価格安くなってます。価格:44,800円(税込+送料込み) 写真:テーラーメイドゴルフ 目次 基本スペック 重心角、重心距離、重心度 GL6600 シ...
テーラーメイド RBZ ブラック ドライバー | フェアウェイウッド USモデル...
views 363
日本未発売のテーラーメイド RBZ ブラックの紹介です。黒色のRBZ、ぶっ飛び系のモデルです。 目次 テーラーメイド RBZ ブラック ドライバー USモデル テ...
反発力の高いドライバーは、飛ぶ!
views 406
一般的なヘッドスピードのゴルファーが、簡単に飛距離アップする方法としては、反発力の高いドライバーを使うことです。ですから、ヘッドスピードがとても遅いゴルファーには、高反発ドライバー...
バーナー ドライバー 2007年
views 429
写真:GDOギアカタログ   バーナー ドライバーは、2007年に発売されたテーラーメイドの飛距離重視のドライバーです。当時より、低重心と深重心設計のドライバー...
本間ゴルフ ビジール 535 ドライバー|イ・ボミ使用ドライバー...
views 437
2018年シーズン イ・ボミがビジール535ドライバーを使うということを発表しました。2018年は、ビジール535ドライバーに注目が集まるでしょう。   ビジ...
低重心にすると飛ぶ理由
views 1
昨今、殆どのドライバーが低重心となっていますが、低重心にすると何が良いのか解説します。テーラーメイドのドライバーは、カーボンを使用して、ヘッドを軽量化することで、低重心化されていま...
テーラーメイド M3 ドライバー 460
views 1027
写真:テーラーメイドゴルフ   テーラーメイド M3 ドライバー 460 評価 M4ドライバーよりも、ハードなスペックとなっており、ある程度のパワーを持ったゴル...
テーラーメイド M2 ドライバー D-TYPE USモデル...
views 463
写真:アトミックゴルフ 2018年モデル M4 D-TYPEが登場してきたことにより、マークダウンされて、若干ですが価格が安くなりましたので、購入しやすくなってます。標準装着...
長いシャフト 45.75インチ
views 362
目次 長いシャフトで飛ばせ! 長いシャフトは、ヘッドスピードが速くなる 飛距離アップした人は、長いシャフトを使うと良い 45.75インチシャフトの注意点 テーラー...
M4ドライバー、グローレF2ドライバー比較...
views 1422
M4ドライバー、グローレF2ドライバー比較 2018年最新モデル M4ドライバーとグローレF2ドライバーの比較です。シャフトの長さ、スペック、ライ角などをチェックして、自分に...
Scroll Up
飛ぶドライバーが好きな釣り人