テーラーメイド M2ドライバー2016・2017 新旧比較

テーラーメイド M2ドライバー2016年モデル と テーラーメイド M2ドライバー2017年モデル比較です。購入に迷っているゴルファーのヒントになればと思います。2016年モデルと2017年の違いは見た目には判り難いですが、かなり進化しており、アップデートされてます。

M2ドライバー2016年


写真:テーラーメイドゴルフ

 
とても低スピンなボールが打ちやすくなっており、バックスピン量が少ないので、ボールに揚力を与え難くなっており、弾道が低くなる傾向があります。また、捉まりを抑えたモデルとなっており、チーピンを嫌がるゴルファーが叩きにいってもチーピンが出にくくなっています。

M2ドライバー2016年 特長

どちらかという低スピンで、強いフェードが打ちやすいモデルです。フェードといっても、大きくスライスする感じではなく、叩きにいっても、ほぼストレートに飛び出して、緩やかにスライスをするという弾道です。油断すると大きなスライスとなってしまうこともあります。左へのミス、チーピンを軽減してくれるために捉まりが抑えられている感じです。

POINT

  • 低スピン
  • 中弾道
  • フェード

 

M2ドライバー2017年


写真:テーラーメイドゴルフ

 
2016年モデルよりも、重心深度が深くなっており、バックスピン量も多く発生する構造となっていますので、2016年モデルと比べて、高い弾道が打てます。捉まりは、2016年モデルよりは捉まりが良くなっています。捉まりが良いといっても、スライスしか打てないゴルファーが、スライスを減らすことができるという感じではありません。フック持ちのゴルファーでも、強烈なチーピンの発生率を減らすことができます。2016年モデルのM2ドライバーよりは、直進性が高くなっています。

M2ドライバー2017年 特長

低スピンで棒球で高い弾道が打ちやすくなっています。フェースの弾きが強くなっていますので、当たり損なっても、それなりに飛んでくれるという寛容性を持ち合わせています。

POINT

  • 低スピン
  • 中高弾道
  • ストレートに近いフェード

 

弾道の特長・捉まりなど比較

モデル名 捉まり バックスピン量 弾道高さ 弾道方向性
M2ドライバー2017 2016年モデルよりは捉まり良い 2016年モデルより多い 中高弾道 ストレートに近いフェード
M2ドライバー2016 捉まり抑え気味 少ない 中弾道 フェード

 

純正シャフト比較

M2ドライバー2016
TM1-216
フレックス トルク シャフト重さ クラブ総重量 スイングウェイト キックポイント 価格(税込)
S 4.5 52 297 D3.5 先中調子 テーラーメイド M2 2016
30,132円
SR 4.8 47 292 D3.5 先中調子
R 5.1 45 290 D3.0 先中調子
M2ドライバー2017
TM1-217
フレックス トルク シャフト重さ クラブ総重量 スイングウェイト キックポイント 価格(税込)
S 4.6 53 298 D2 先中調子 テーラーメイド M2 2017
35,532円
SR 5.0 51 296 D2 先中調子
R 5.2 48 293 D2 先中調子

 

  • 価格は、テーラーメイド公式ネットショップで販売されている新品の価格となります。
  • 価格は、予告なく変更となる場合があります。

 

M2 2016年、2017年モデル どっちが飛ぶ?

M2ドライバー2016年、M2ドライバー2017年モデル、どちらが飛ぶのか?と言いますと、M2ドライバー2017年モデルの方が、フェースの弾きが強くなっていることと、深重心により、高弾道が打ちやすくなっていますので、飛ばしやすいです。M2ドライバー2017年モデルの方が、フェース面の弾きが良いので、ミート率が高くなる傾向にあり、優しくミート率1.40超えをマークすることができたりもします。

ただし、M2ドライバー2016年モデルの方は、叩けるゴルファー、ヘッドスピードが速いゴルファーが使うことで、左のミスを抑えながらもバックスピン量を抑えて飛ばせます。

 

M2ドライバー2016、2017 どっちが良い?

基本的にテーラーメイドのドライバーは、弾きが強くなっていることと、低スピンなボールが打ちやすい構造となっています。シャフトフレックスの選択を間違わなければ、誰でも飛ばせるドライバーです。

M2ドライバー2016

ヘッドスピードが速くて、叩きにいけるゴルファー、フック持ちのゴルファーは、M2ドライバー2016年モデルの方が向いています。強いフェードボールを打つことができます。コストパフォーマンス的には、M2ドライバー2016年の方が良いです。

M2 2016 POINT

  • フック持ちゴルファー向け
  • 叩けるゴルファー向け
  • フェードヒッター向け
  • 低スピンが打ちやすい

M2ドライバー2017

一般的なヘッドスピードのゴルファーの場合は、M2ドライバー2017年モデルが向いています。もちろん、叩きにいけるゴルファーでも優しく打てるドライバーです。幅広いゴルファーが扱える、バランスの良い飛ばせるドライバーです。M2 ドライバー 2016年モデルよりも、反発力、スイートエリア拡大もされており、見た目以上にアップデートされたドライバーです。

M2 2017 POINT

  • 適度に捉まりが良い
  • 高弾道が打ちやすい
  • 低スピンが打ちやすい

 

関連記事

価格情報

その他の記事

テーラーメイド M3 ドライバー 460
views 123
写真:テーラーメイドゴルフ   テーラーメイド M3 ドライバー 460 評価 M4ドライバーよりも、ハードなスペックとなっており、ある程度のパワーを持ったゴル...
反発力の高いドライバーは、飛ぶ!
views 106
一般的なヘッドスピードのゴルファーが、簡単に飛距離アップする方法としては、反発力の高いドライバーを使うことです。ですから、ヘッドスピードがとても遅いゴルファーには、高反発ドライバー...
M4ドライバー、グローレF2ドライバー比較...
views 136
M4ドライバー、グローレF2ドライバー比較 2018年最新モデル M4ドライバーとグローレF2ドライバーの比較です。シャフトの長さ、スペック、ライ角などをチェックして、自...
スイートエリアが広いドライバーのメリット...
views 44
スイートエリアが広くなっているドライバーが増えています。テーラーメイドのドライバーもスイートエリアが広くなっています。スイートエリアが広がったドライバーのメリットの説明です。 ...
テーラーメイドのスピードポケット
views 104
スピードポケットとは、テーラーメイドが開発した、高い反発力が得られる構造のことです。 スピードポケット ドライバーヘッドのソール側に配された溝(スリット)です。フェ...
低重心にすると飛ぶ理由
views 0
昨今、殆どのドライバーが低重心となっていますが、低重心にすると何が良いのか解説します。テーラーメイドのドライバーは、カーボンを使用して、ヘッドを軽量化することで、低重心化されていま...
テーラーメイド M4 ドライバー 2018年モデル...
views 234
写真:テーラーメイドゴルフ 目次 テーラーメイド M4 ドライバー 2018年モデル 評価 基本スペック FUBUKI TM5 シャフトスペック|対応ヘッド...
テーラーメイドのツイストフェース
views 144
写真:テーラーメイドゴルフ ツイストフェースは、テーラーメイドの特許技術です。フェースを捻じるという、今までにないコンセプトを取り入れた、イノベーティブな技術です。 ツ...
テーラーメイド グローレ F2 ドライバー...
views 117
写真:テーラーメイドゴルフ 目次 基本スペック GL6600 シャフトスペック グローレF2ドライバーの46インチ グローレ F2 ドライバーは、アスリー...
M4 ドライバー カスタムシャフト
views 58
写真:テーラーメイドゴルフ   純正シャフトFUBUKI TM5 以外にもカスタムシャフトがあります。ヘッドスピードが速いゴルファーは、カスタムシャフトを装着する...
Scroll Up
飛ぶドライバーが好きな釣り人