M4ドライバー、グローレF2ドライバー比較

M4ドライバー、グローレF2ドライバー比較

2018年最新モデル M4ドライバーとグローレF2ドライバーの比較です。シャフトの長さ、スペック、ライ角などをチェックして、自分に合ったドライバー探しの知識アップとしてください。

 

テーラーメイド M4 ドライバー 2018


写真:テーラーメイドゴルフ

ツイストフェースとハンマーヘッドという2つの新しいテクノロジーを搭載したモデルです。ツイストフェースよりも、ハンマーヘッドの反発力の強さが目を引きます。

M4 ドライバーの特長

  • ツイストフェース(捻じれたフェース)によりギア効果を適切にしくれる
  • ハンマーヘッド(ソールの溝)により打点ズレが発生しても強い反発力で飛ばせる
  • カーボンを採用してヘッドが軽量化+低重心化が図られている

 

テーラーメイド グローレF2ドライバー


写真:テーラーメイドゴルフ

アスリート志向へとシフトチェンジされています。捉まりが良くなっていますし、ライ角が60度というアップライトとなっており、縦に振っていけるイメージを持つことができます。フェースの弾き感は、テーラーメイド独特の強い弾きで飛ばすことができます。

価格安くなってます
テーラーメイド公式ネットショップにて、価格が安くなっています。
44,800円(税込)
グローレF2ドライバーの特長

  • 長いシャフトによりヘッドスピードが速くなる
  • スピードポケット(ソールの溝)により打点ズレが発生しても強い反発力で飛ばせる
  • 重心角が大きく入っているので、捉まりがとても良い
  • アップライトで捉まり重視

 

弾道の特長・捉まりなど比較

当たり前のことながら、グローレF2ドライバーの方が高弾道が打てます。ボールが上がり難い人は、グローレF2ドライバーを選んだ方がキャリーとランを出すことができます。

モデル名 捉まり バックスピン量 弾道高さ 弾道方向性
M4ドライバー2018 まずまず捉まる
スライスを減らせる感じではない
少ない 中高弾道 ストレートに近いフェード
グローレF2ドライバー 捉まりが良い
スライスを減らせる程の捉まり
少ない 高弾道 ドロー系
フック系

 

純正シャフト比較

M4ドライバーのシャフトFUBUKI TM5 と グローレF2ドライバーのシャフトGL6600との比較です。若干、グローレF2ドライバーのシャフトの方がソフトスペックとなっています。また、グローレF2ドライバーの方が、ヘッドが効いており、バランスが重くなっています。また、グローレF2の方がトルクが少な目となっていますので、ヘッドの挙動が素直です。

シャフトの重さに関しては、あまり変わりませんが、クラブ総重量に関しては、約10グラムの差があります。

M4ドライバー FUBUKI TM5
フレックス トルク シャフト重さ クラブ総重量 スイングウェイト キックポイント 価格(税込)
S 4.6 54 299 D2.5 中調子 価格詳細
SR 5.0 52 297 D2.5 中調子
R 5.2 50 295 D2.5 中調子
グローレF2ドライバー GL6600
フレックス トルク シャフト重さ クラブ総重量 スイングウェイト キックポイント 価格(税込)
S 4.1 53 290 D3.5 中調子 価格詳細
SR 4.2 50 287 D3 中調子
R 4.7 47 284 D3 中調子

 

M4ドライバー、グローレF2ドライバー、どっちが飛ぶか?

スイングパワーがある人は、M4ドライバーがオススメです。ヘッドスピードが40m/s前後くらいの人は、グローレF2ドライバーの方がお勧めです。どちらも高弾道が打ちやすいです。ヘッドスピードが遅くなってきたというゴルファーは、迷わずグローレF2ドライバーがお勧めです。打ち比べてみると、グローレF2ドライバーの方が飛ばせているようにも感じました。シャフトが長いことと、フェースの弾きが良いことが奏功しているように感じます。

M4ドライバー

一般的な体力で、ヘッドスピード40m/s以上は出るというゴルファーに向いています。ツイストフェースにより、ギア効果を最適化してくれますので、打点がトゥ側、ヒール側にズレても大きく曲がってしまって、飛距離を落とすことがありません。捉まりは、めちゃくちゃ良いという感じではありません。純正シャフトは、トルクが多いので、スイングが安定しない人でも素直に撓ってくれます。

グローレF2ドライバー

ヘッドスピード40m/s以下の人でも十分に扱えるスペックとなっています。ロフト角は、11.5度を選ぶと超高弾道で飛ばせます。M4ドライバーよりも飛距離が出ているように感じます。シャフトが長いのでヘッドスピードが速くなりますし、高弾道が優しく打てるので、キャリーとランを出すことができます。また、捉まりがとても良いので、スライスを減らしたい人にも向いています。純正シャフトは、トルクが少ないので、ヘッドの動きが素直です。

 

関連記事

価格情報

その他の記事

反発力の高いドライバーは、飛ぶ!
views 406
一般的なヘッドスピードのゴルファーが、簡単に飛距離アップする方法としては、反発力の高いドライバーを使うことです。ですから、ヘッドスピードがとても遅いゴルファーには、高反発ドライバー...
テーラーメイド M3 ドライバー 440
views 115
写真:テーラーメイドゴルフ   テーラーメイド M3 ドライバー 440 評価 松山英樹がM3ドライバー440を使い始めたということから、さらに人気が高くなって...
テーラーメイド M2 ドライバー 2016年モデル...
views 547
写真:テーラーメイドゴルフ 目次 テーラーメイド M2 ドライバー 2016年モデル 評価 基本スペック TM1-216 シャフトスペック|対応ヘッドスピード ...
テーラーメイドのツイストフェース
views 524
写真:テーラーメイドゴルフ ツイストフェースは、テーラーメイドの特許技術です。フェースを捻じるという、今までにないコンセプトを取り入れた、イノベーティブな技術です。 ツ...
エアロバーナードライバー 2015年モデル...
views 508
写真:テーラーメイドゴルフ 目次 エアロバーナードライバー評価 基本スペック TM1-215 シャフトスペック|対応ヘッドスピード エアロバーナードライバー ...
テーラーメイド M2 ドライバー 2017年モデル...
views 616
2018/06/18更新 写真:テーラーメイドゴルフ 目次 テーラーメイド M2 ドライバー 2017年モデル 評価 基本スペック TM1-217 シャフトス...
テーラーメイドM4ドライバーは、シニアでも打てる?...
views 625
テーラーメイド M2ドライバー、M4ドライバーは、シニアゴルファーでも打てるのかどうかという点で悩んでいませんか? 答えは、条件がありますが、シニアゴルファーでも打てます。シニアゴ...
コスパ最強! テーラーメイドのドライバー...
views 462
2018年モデルが発売されて、2016年モデル、2017年モデルのゴルフクラブが、マークダウンされて購入しやすい価格となっています。人気があるのが、M2ドライバー2017年モデルで...
テーラーメイドのレディス用・女性用ドライバー...
views 364
目次 女性ゴルファーは、飛ばせ! 女性ゴルファのヘッドスピードと飛距離 テーラーメイドM2ドライバー 2016 テーラーメイドM2ドライバー 2017 テーラーメ...
低重心にすると飛ぶ理由
views 1
昨今、殆どのドライバーが低重心となっていますが、低重心にすると何が良いのか解説します。テーラーメイドのドライバーは、カーボンを使用して、ヘッドを軽量化することで、低重心化されていま...
Scroll Up
飛ぶドライバーが好きな釣り人