M2アイアン2016と2017の違い

更新:

M2アイアン2016とM2アイアン2017の違いを紹介します。どちらも、飛び性能が高いアイアンですが、どこが違うのか判り難いので、説明をします。アイアン選びの参考にして下さい。

 

M2アイアン2016と2017 フェース面の比較

M2アイアン2016
M2アイアン2017

左がM2アイアン2016、右がM2アイアン2017です。フェースのトゥ側とヒール側にフェーススロットという溝が入っているかどうかの違いがあります。M2アイアン2017には、フェーススロットが入っており、打点ズレが起きても弾く構造となっています。あまり大きな違いは見られませんが、2017年モデルの方が、打点ズレが発生しても、強く弾く構造となっています。つまり、ミスショットに強くなっています。

M2アイアン2016年モデルが悪い、飛ばないという訳ではなく、さらにアップデートされたのが、2017年モデルです。

 

M2アイアン2016と2017 バックフェースの比較

M2アイアン2016
M2アイアン2017

左がM2アイアン2016、右がM2アイアン2017です。2本のリブの入り方が異なります。M2アイアン2016は、トップブレードに向かって2本のリブが入っています。M2アイアン2017は、ソール側に向かってリブが入っており、より低重心化が図られています。M2アイアン2017は、ネック側が低くなっており、捉まり具合が向上しています。

 

M2アイアン2016と2017 どちらが良いのか

M2アイアン2017年モデルの方が進化されており、優しく打てます。
M2アイアン2016、M2アイアン2017は、似ているものの、構造上は全く別のアイアンとなります。性能に関しては、進化している、M2アイアン2017の方に軍配が上がります。どちらのアイアンにもスピードポケット(ソールの溝)が入っており、M2アイアン2017は、M2アイアン2016を更に進化した構造となっており、より低重心で、容易にボールにコンタクトしやすいヘッド構造となっています。併せて、打点ズレが起きても、そこそこボールが上がって、飛ばせるようになっています。

どっちが飛ぶのか?

M2アイアン2017年モデルの方が飛びます。
どちらも同じくらいの飛び性能です。ただ、M2アイアン2017の方が、より低重心で捉まりが良いので、ボールにコンタクトしやすい構造となっています。つまり、ミスヒットしても、そこそこ飛ぶというです。ですから、M2アイアン2017の方が平均飛距離アップできます。

  • M2 アイアン 2017年モデル
    全体的に安定したアイアン
  • M2 アイアン 2016年モデル
    弾き感の強いアイアン

 

M2アイアン2017購入

  • セット:#5~PW(6本セット)
  • カーボンシャフト:TM7-217(S・R)
  • スチールシャフト:REAX90(S・R)

M2アイアン(2017) 口コミ 44件

5つ星31件。4つ星12件
カーボンシャフト装着アイアンの口コミです。

M2アイアン(2017) 口コミ 40件

5つ星26件。4つ星10件
スチールシャフト装着アイアンの口コミです。

 

M2アイアン2016購入

売り切れました

  • セット:#5~PW(6本セット)
  • シャフト:TM7-216(S・R)

関連記事

テーラーメイドの人気アイアン

その他、関連記事

テーラーメイドの人気アイアン
views 180
更新:2018年09月22日 飛ばせるテーラーメイドの高性能アイアンの紹介です。ニューモデルのアイアン、マークダウンしてOUTLET価格となっているアイアンもあります。それぞれ個性がありますので、自分に合ったアイアンを見つけてください。 目次 テーラーメイド Mグローレ アイア...
テーラーメイド P790 アイアン
views 226
目次 P790 評価 基本スペック シャフトスペック グリップ P790アイア 特長 SPEEDFOMA(スピードフォーム) ICT(インバーテッド・コーン・テクノロジー)搭載 P790 アイアン 評価 テーラーメイドの飛び系のフォージドアイアンです。ルール適合内で反発力が高く、飛ばすた...