ヘッドスピードが遅くても飛ぶドライバー | 長いシャフトと反発力

更新:

 

飛ばすにはどうすればよいのか?

ヘッドスピードが遅いと飛ばせません。その理由は、ヘッドスピードが遅いということは、ボール初速が遅いからです。ですから、ヘッドスピードが遅いゴルファーは、打ち出されたボールに勢いがありませんし、ランも出にくくなります。ヘッドスピードが遅くても、飛ばせるドライバーは、反発力の高いドライバーです。高反発ドライバーを使うという方法もありますが、ここではSLEルール適合モデルを紹介します。

飛距離アップする要素

飛ばすには、長いシャフトとフェース面の反発力が必要です。この2点の重要性を説明します。

  • 飛ばすには、フェースの反発力が高いドライバーを使う
  • シャフトが長いドライバーを使う

 

反発力

フェース面の反発力です。反発が高い方が、ボールを弾き飛ばすエネルギーが強いので、ボール初速が速くなりますし、飛距離アップできます。SLEルールでは、反発係数0.83以内と定められています。ですから、市販されているSLEルール適合のドライバーの全ては、反発係数が0.83以内となっています。以内というのは、反発係数が0.83以下であるということです。反発力が全てではありません。あまりにも、反発力ばかり気にしていても、それが全てではありません。ただ、ルールで定められているということは、飛距離に大きく影響している要素であるということが、窺い知れます。ですから、反発力は大切です。

テーラーメイドは総じて弾きが良い(反発力が高い)

テーラーメイドのドライバーは、全体的に弾きが良いです。以前よりスピードポケットというソールの溝を設けており、打点がズレても強い弾きで飛ばせる構造となっています。

反発力を高める理由

反発力を高める理由は、反発力があったほうが飛ばせるからです。飛距離アップができるからです。反発力があるということは、高い反発力ということですから、ボールスピードが速くなります。つまり、ヘッドスピードが遅くてもボールスピードを速くすることができるというのが、反発力を高める理由です。そして、結果的に飛距離アップにつながります。

現代のドライバーの殆どは、ルール適合内でフェース面の反発力を高めて、ボールスピードを速くしようとしています。ヘッドスピードが遅くてもボールスピードが速くなれば、飛距離アップができるからです。

 

テーラーメイドのハンマーヘッド


写真:テーラーメイドゴルフ

2018年モデルに搭載された、ハンマーヘッドというソールの溝は、打点ズレが発生しても、高い反発力で飛ばせます。また、スイートエリアで打てると、最大の反発力で飛ばせます。テーラーメイド側も、テストでは、反発係数0.80を超える数値を計測していると公表している通り、すごい反発力です。

2018年ぶっ飛びドライバーは、M3ドライバー、M4ドライバーのどちらかです。SLEルール適合範囲内の反発係数が、0.83以内となっています。テーラーメイドのドライバーは、ルールギリギリの反発をマークしており、具体的な数値は公表されていませんが、0.81~0.82くらいであろうと推測しています。ヘッドスピードが遅いゴルファーは、反発力の高い、テーラーメイドM4ドライバーを使ってみると良いです。

 

反発力が高いと飛ぶのか?

反発力が高いと飛びます。反発力が高いと、ミート率が高くなりますので、ボール初速が速くなります。また、ボールに勢いがつきますので、キャリーとランが出しやすくなります。ただ、もともとヘッドスピードが速いゴルファーの場合は、バックスピン量が増えてしまう可能性があります。このような場合は、M3ドライバーを使って、重心位置を調整しながら、適切なバックスピン量で飛ばせるようにセッティングをした方が良いです。

 

長いシャフトのドライバーを使う

長いシャフトのドライバーを使うといっても、最近のドライバーの殆どは長目のシャフトとなっています。シャフトが長い方が、ヘッドスピードが速くなるからであり、結果的には飛距離アップができるからです。テーラーメイドのドライバーは、総じて45.75インチがベースとなっています。M3ドライバー、カスタムシャフトを装着した場合は、45.5インチくらいとなります。

ヘッドスピードが速いゴルファーが、長いシャフトを使うというのもアリなのですが、シャフトが撓り過ぎてしまって、ヘッドが戻ってくるまで待たなければいけないようなスイングを強いられることがあり、タイミングが取り難くなり、飛距離を落としてしまうこともあります。

45.75インチのシャフト
長いシャフトで飛ばす

テーラーメイド グローレF2ドライバー(2016年モデル)

長いシャフトと反発力を兼ね備えているのは、グローレF2ドライバー(2016年モデル)です。長さ46インチ、進化したスピードポケットを搭載しています。シニア向けドライバーというイメージがありますが、実際のところ、M2ドライバー、M4ドライバーよりも飛ぶんじゃないだろうかと思います。重心角(重心アングル)が大きく入っており、ヘッドローテーションが強いので、誰でもスライスを減らして、直進性の高い弾道が打てます。つまり、スライスを減らすことができます。これだけでも平均飛距離アップが望めます。

 

ヘッドスピードが遅くても飛ばす

その他の記事

ヘッドスピードが遅いゴルファーが選ぶべきドライバー...
views 931
更新:2018年07月23日 昨今、低重心化と低スピン化が進んでおり、当たり前のようにロフトアップが推進されています。ロフトアップというのは、ロフト角を大きくするということです。...
一般的なヘッドスピードと飛距離
views 1439
目次 一般的な体力の男性ゴルファーのヘッドスピード 飛ばせるドライバーを使ってないから飛ばない ヘッドスピードと飛距離 ヘッドスピードからキャリーを計算 ヘッ...
Scroll Up
飛ぶドライバーが好きな釣り人