一般的なヘッドスピードと飛距離

 

一般的な体力の男性ゴルファーのヘッドスピード

一般的な体力の男性ゴルファーのヘッドスピードは、大体が40m/s前後です。おもいっきり振って、43m/sくらいではないでしょうか。当たり損ないになったり、振り遅れたりしてしまうと、ヘッドスピード 38m/sくらいだったりします。ヘッドスピード 45m/sを超えてくると、ヘッドスピードが速い方に分類されます。

一般的なヘッドスピードのゴルファーのドライバーショットの飛距離は、平均180ヤードくらいだと言われています。自分では、もっと飛んでいると思っているかもしれませんが、平均すると180ヤードくらいです。

 

飛ばせるドライバーを使ってないから飛ばない

飛んでないからといって、悲観的になることはありません。飛ばせない理由としては、飛ばせるドライバーを使ってないからということが多いからです。もちろん、ゴルフクラブの所為にするのではなくて、しっかりと飛ばせるゴルフスイングを習得することも大切です。ですが、飛ぶドライバーに買い替えた方が、簡単に飛距離アップすることができます。

ゴルフ練習場のレンジに測定器が備え付けられていることもありますが、測定したことありますか?

当たりが悪かったりすると、ミート率が1.36とか、1.38くらいとかしか出せなかったりしていませんか?

まずは、ヘッドスピードから飛距離を計算する方法を覚えると良いです。そして、自分の飛距離がどれくらいなのかを知っておくことが重要です。それによって、ドライバーを購入するときのシャフトスペック選びの参考データとなります。

 

ヘッドスピードと飛距離

ヘッドスピードから飛距離を計算する方法があります。この場合、飛距離をキャリーとランで分けて考えると、自分のドライビングパフォーマンスを把握しやすくなります。

キャリー

ボールが打ち出されて、ランディングするまでの距離

ラン

ボールがランディングして転がった距離

トータル飛距離

キャリーとランを含めた、トータルの飛距離

 

ヘッドスピードからキャリーを計算

キャリーとは、ボールが打ち出されて、ランディングするまでの距離のことです。ラン(ボールの転がり)は、含まれません。キャリーだけを考えた場合、ヘッドスピードに係数5.0を乗算することで、概ねのキャリーを計算することができます。以下の表を参考にしてください。

ヘッドスピード 飛距離
35m/s 175ヤード
38m/s 190ヤード
40m/s 200ヤード
42m/s 210ヤード
44m/s 220ヤード
46m/s 230ヤード

 

ヘッドスピードからトータル飛距離を計算

トータル飛距離とは、キャリーとランを合わせた距離です。トータル飛距離を計算するには、ヘッドスピードに係数5.5を乗算することで、概ねのトータル飛距離を計算することができます。

ヘッドスピード 飛距離
35m/s 192.5ヤード
38m/s 209ヤード
40m/s 220ヤード
42m/s 231ヤード
44m/s 242ヤード
46m/s 253ヤード

 

意外と飛距離が出てない感じがする?

自分のヘッドスピードに係数を乗算してみると、意外と飛距離が出てないことに気付きます。おかしいな、もっと飛んでると思うという人は、自分の飛距離を勘違いしている可能性があります。はっきりいって、自分の飛距離というのは、自分が思っているよりも飛んでないことが多いです。奇跡的な今日イチの当たりが出て、240ヤード飛んだとしても、そのドライビングパフォーマンスを常に出せるわけではありません。ゴルフで飛距離を把握するには、平均飛距離を知ることが重要です。

今日イチの当たりで240ヤード飛ばせても、それが平均飛距離ではありません。当たり損なって、180ヤードくらいしか飛ばなかったということもありますし、OBしてしまえば、飛距離はゼロです。奇跡的な今日イチの飛距離よりも、平均飛距離を把握することが大切です。

 

一般的なヘッドスピードのゴルファーは飛ばない

一般的な体力のゴルファーのヘッドスピードは、概ね40m/s前後が多いです。38m/s~42m/sくらいのゴルファーが、もっとも多く居ます。そして、一般的なヘッドスピードのゴルファーが、ミスショットしたり、芯を外して打ってしまったりすると、ボールを反発するエネルギーが途端に落ちてしまって、ドライバーショットの飛距離が180ヤード~190ヤードくらいしか飛ばないということは、多分にあります。というよりも、当たり前のことです。

一般的なヘッドスピードのゴルファーの平均飛距離は、180ヤード~190ヤードくらいが普通であり、スイングパワー的にもそれくらいの飛距離が当たり前です。飛ばないからと嘆く必要はありません。

飛ばせるドライバーを使えば、今よりも飛距離アップできます。

 

ヘッドスピードが遅くても飛ばす

その他の記事

ヘッドスピードが遅くても飛ぶ、長いシャフトと反発力...
views 367
目次 飛ばすにはどうすればよいのか? 飛ばすには? どうすれば良いか 反発力 テーラーメイドのハンマーヘッド 反発力が高いと飛ぶのか? 長いシャフトのドライバー...
ヘッドスピードが遅いゴルファーが選ぶべきドライバー...
views 513
昨今、低重心化と低スピン化が進んでおり、当たり前のようにロフトアップが推進されています。ロフトアップというのは、ロフト角を大きくするということです。低スピン化が進んだドライバーのデ...
Scroll Up
飛ぶドライバーが好きな釣り人