ゴルフによる腰痛に効くマットレス

更新:

 

腰痛はゴルファーの天敵

ゴルフというスポーツは、腰を回旋させることで、スイングをします。あまり、負担が掛かってないように思えるのですが、腰には大きな負担が掛かっています。そして、ゴルフを終えた後に、ストレッチなどをする人は、とても少ないのが現実です。ゴルフ後にストレッチをして、腰回りはもちろんのこと、他の部位も伸ばすことで、緊張して硬くなった筋肉を解すことができます。

また、寝ているときに腰が痛くなるということもあります。そういった場合は、マットレスか敷布団が自分に体に合ってないことが多いです。柔らかすぎるマットレスや敷布団を使っていると、体が大きく沈み込んでしまって、腰に負担が掛かってしまいます。これこそが、寝ているときに腰痛を発生させる原因となっているのです。

腰痛マットレスを使うことで、マットレスが体を反発させて、持ち上げてくれるような状態となりますから腰に負担を掛けずに眠ることができ、腰痛を軽減させてくれるという訳です。

何気なく使っている敷布団、マットレスの見直しをすることで、腰痛を軽減できる可能性があります。人生の大半は睡眠時間です。つまり、睡眠時間はとても人生のなかでもとても大切な時間です。

大切な時間だからこそ、自分に合ったマットレス、敷布団を使って、本当の意味で体の疲れをとって、明日に備えられるようにしておくことが大切です。

腰痛に効くとされるマットレスの殆どは、高反発となっており、マットレス自体が人の身体を下から押し上げてくれますので、腰の沈み込みを軽減させて、腰への負担を減らしてくれます。そして、腰痛マットレスに使用されているのが、ウレタンです。ウレタンの反発力には、ニュートン値というものをウレタンの硬さの指標があります。ニュートン値を確認することで、どれくらいの硬さなのかを事前に知ることができますので、購入される場合は、しっかりと確認されると良いでしょう。

寝ていると腰が痛くなる

ゴルフというスポーツをしてなくても、寝ていると腰が痛くなるという人は少なくありません。これは、敷布団、マットレスが合ってない可能性があります。どのように合ってないかと言いますと、寝ていると身体が沈み込んでしまい、腰周り、肩周り、お尻などに体重負荷が掛かってしまいます。敷布団、マットレスの反発が全く得られないので、寝ている時の体重負荷を腰、肩、お尻で受けてしまいます。そのため、腰痛持ちの人は、余計に腰が痛くなってしまいます。これが、寝ていると腰が痛くなる原因であり、敷布団、マットレスが合ってないという理由です。

朝起きると腰が痛い

朝起きると腰が痛い原因は、敷布団・マットレスの反発力が低くて、適切な寝返りができてない可能性があります。寝返りがうてないということは、寝ている姿勢を変えることができないということになり、同じ姿勢をとり続けている状態となります。寝ていなくても、同じ姿勢をとり続けていると、身体が痺れてきたり、身体の一部に負荷が掛かりすぎて痛みを覚えることもあります。それと似た様な状態となり、寝返りがうてないと、腰周りがかたまってしまって、朝起きると腰が痛くなっているということになります。腰が痛くなるというよりも、寝ている間は、同じ姿勢をとり続けて、動かしてないので、腰周りが固まってしまって痛みを感じるということです。

どちらも、マットレスを変えることで、改善できることがあります。

ゴルフスイングで首が痛い、肩が痛い

ゴルフというスポーツは、体を捻転させることで、ゴルフスイングをします。ゴルフスイングをするときには、ボールを見続けて、頭を残します。頭を残すことで、スイング軸をズレさせないようにという考えがあるからです。

頭がはやく上がってしまうと、ヘッドアップとなってしまいますし、スイング軸がズレてしまってミスショットになってしまうからです。

ただ、頭を残してゴルフスイングをしていると、首まわりの筋肉に負荷が掛かってしまい首まわりの筋肉が緊張して、首こりとなってしまうことがあります。

ゴルフ後の首の痛みの原因は、頭を残してスイングをすることの影響です。
つまり、ゴルフというスポーツと、首の痛み、首こり は切っても切れない深い関係にあるわけです。

ただ、首の痛みを軽減させる方法があります。

ボールの前で構えたときの、アドレス時に頭が垂れ下がっている状態(アゴを引いたような状態)となっている場合は、ストレートネックに近い状態となり、首に負荷が掛かってしまいます。適切なゴルフアドレスは、直立してから、腰から状態を曲げて、前傾姿勢を作るというのが適切です。この時に、ボールを見るように下を向いて、頭を垂れ下げると、頸椎に負荷が掛かります。

この姿勢は、スマートフォンを長時間覗きこんでいる姿勢、またはデスクワークでパソコン操作を長時間続けている姿勢に近くなります。

ゴルフ後に首に痛みがあると、場合によっては頭痛を伴うこともあり、ゴルフ帰りの車の中で首が痛くて、どうしようもなくなってしまうこともあります。寝ていても首が痛い、肩が痛いということもあります。

自分に合った枕を使うことで、寝ているときでも頸椎を適切なS字にすることで、首まわりの筋肉の緊張を緩和させてあげることができます。

 

釣り人も腰痛持ちが多い

なんともいえない、共通点なのですが、釣りが好きな人、釣り人も腰痛持ちが多いのです。理由は、かんたんで腰に負担が掛かる姿勢をしているからです。中腰になることが多いし、立ち続けることが多いし、背中を丸めた姿勢をとることも多いからです。あとは、キャストするときの姿勢が悪いというのもあります。簡単にいってしまえば、投げる姿勢が悪いから、腰に負担が掛かるということです。

釣りとゴルフは、まったく別のスポーツなのですが、共通点は多くあります。

ゴルフは、ゴルフスイングで腰に負担が掛かる。釣りは、キャスティングで腰に負担が掛かる。どちらも、腰が要となる動作であり、その動作を行う時の姿勢が重要。二足歩行ができる動物、人間だからこその悩みなのかもしれません。

 

ゴルフと腰痛と釣りと腰痛

ゴルフをしていると腰が痛くなる。だけど、釣りをしていても腰が痛くなる。ゴルフと釣りというのは、腰痛という共通点もある。あまり喜ばしくない共通点なのだが。

ゴルフの腰痛は、ゴルフスイング

ゴルフで腰が痛くなるのは、ゴルフスイングをするから。どんなにスムーズなゴルフスイングをしていても、どうしても腰に負荷が掛かる。また、腰だけではなく、膝が痛くなることもある。腰、膝に負担が掛かるということがよく判る。寝る時には、高反発マットレスを使って、腰周りへの負担を減らすようにしています。価格が安い腰痛マットレスも増えてきているので、要チェックです。

釣りの腰痛は、キャスティング

釣りで腰が痛くなるのは、キャストに違いない。投げるような動作をするので、下半身を踏ん張って、投げるときに、腕ではなく、腰周りや背筋にチカラが入っているかだろうと思われる。

ゴルフも釣りも似たようなところがあり、痛くなるのは、どちらも腰。

腰痛は嫌だ。

 

スポーツに腰痛はつきもの

ゴルフだけではなく、スポーツには腰痛がつきものです。身体を動かすからこそ、腰に負担が掛かってしまい、腰痛を発生させます。ゴルフの場合は、ゴルフクラブを振るという動作が、腰に負担を掛けてしまいます。腰が悪くなると、ゴルフだけではなく、仕事にも支障をきたすことがあります。出勤時の満員電車に揺られるのが苦痛で仕方がないという人も居ます。また、腰が痛くて、ゴルフ場に行くまでの、車の運転が嫌だという人も居ます。一度、腰痛持ちとなると、なかなか治り難くなります。寝ているときくらいは、腰への負担を減らすことが大切です。腰が痛くて、朝起きれないという人は、腰痛マットレスを試してみると良いです。

 

腰痛持ちゴルファーにオススメのマットレス

ライズ|スリープマジック 腰痛マットレス

ライズの腰痛マットレスは、本当に良いです。使用されているウレタンフォームの質がとても良いです。ウレタンフォームの密度、硬さ(ニュートン値)、厚さもしっかりとあります。高反発マットレスに使用されている、ウレタンフォームの質が悪いマットレスは多いです。ライズの腰痛マットレスは、高品質のウレタンフォームを使用しています。ですが、価格は購入しやすくなっています。本当に信頼できるマットレスです。

スリープマジックの特長
ウレタンフォームの形状がブロックタイプ、ウェーブタイプの2種類があります。どちらも体圧分散ができる形状となっています。厚さは、4センチ、8センチ、12センチの3タイプから選ぶことができます。
使い方
厚さが3種類あります。厚さ4センチは、重ね敷き用です。厚さ8センチと12センチは、マットレス1枚で使えます。フローリング、畳の上に直接敷いて使えます。今使ってるベッドマットレスや敷布団に重ねて敷いても使えます。三つ折りに畳めるの収納も楽です。
通気性
ウレタンフォームの表面がウェーブタイプ、ブロックタイプのどちらかとなっており、その形状により体圧分散が可能となっています。併せて通気性が良いです。

 

 

マニフレックス メッシュ・ウィング

マニフレックスは、有名アスリートが使っている信頼度の高いマットレスです。ウレタンフォームを使用した、腰痛マットレスで、三つ折りタイプのメッシュ・ウィングを紹介します。

ラインナップ サイズ 価格(税抜)
セミシングル 幅80cm × 長さ198cm × 厚さ11cm 28,600円
シングル 幅97cm × 長さ198cm × 厚さ11cm 31,350円
シングルロング 幅97cm × 長さ210cm × 厚さ11cm 40,040円
セミダブル 幅117cm × 長さ198cm × 厚さ11cm 42,900円
ダブル 幅137cm × 長さ198cm × 厚さ11cm 54,450円
クイーン 幅157cm × 長さ198cm × 厚さ11cm 66,000円
使い方
厚さが11センチもあるので、マットレス1枚で使えます。フローリング、畳の上に直接敷いて使えます。今使ってるベッドマットレスや敷布団に重ねて敷いても使えます。三つ折りに畳めるの収納も楽です。
通気性
ストレッチの効いたメッシュカバーを使用しており、通気性が良くなっています。

 

 

腰痛マットレス|オクタスプリング

コスパ最強!おすすめマットレス!

オクタスプリングのマットレスは、高反発ウレタンフォームを円状の筒に加工をして、敷き詰めたマットレスです。ウレタンフォームを使っているマットレスですが、小さな円状の筒を敷き詰めることで、通気性を高めています。また、寝た時に身体とマットレスが密着する部分を減らして、体圧分散ができるような構造となっています。

サイズ 厚さ7cm×幅97cm×長さ193cm
材質 ウレタンフォーム
価格 19,800円(税抜)
使い方
厚さが7センチもあるので、マットレス1枚で使えます。フローリング、畳の上に直接敷いて使えます。今使ってるベッドマットレスや敷布団に重ねて敷いても使えます。
通気性
詰め物がウレタンフォームをスプリング状となっているので、通気性抜群です。春夏秋冬、季節に関らず使えます。
価格詳細
シングルサイズの腰痛マットレス+カバーセット
価格:19,800円(税抜)

 

 

エアツリーマットレス

エアツリーマットレスは、ウレタンの表面に特殊な切込みが入っています。その切込みが、通気性を高めていることと、まるで木々の枝のような形状となっているので、エアツリーと名付けられました。もともと、ウレタンという素材は、湿気を帯びやすいということもあり、マットレスとしての反発力を失わない程度に切り込みを入れて、通気性を高めているマットレスです。

サイズ(幅×長さ×厚さ) 価格(税込)
幅97センチ×長さ195センチ×厚さ8センチ 29,800円

 

 

エアキューブマットレス

マットレスの表面が小さな凹凸によって構成されている特殊なマットレスです。身体を点で支えることができるマットレスです。凹凸を設けることで、通気性を高めながら、マットレス表面が身体を圧迫してしまい、血流が滞ってしまうことを防ぎます。だけど、反発力は高くで、寝返りが打ちやすく、寝ているときに身体の一部に負担を掛けないような構造となっています。

トッパー 厚さ5センチ タイプ

サイズ 幅×長さ×厚さ 価格(税込)
セミシングルサイズ() 80センチ×195センチ×5センチ 12,980円
シングルサイズ 97センチ×195センチ×5センチ 15,980円
セミダブルサイズ 80センチ×195センチ×5センチ 19,980円
ダブルサイズ 80センチ×195センチ×5センチ 24,980円

マットレス 厚さ10センチ タイプ

サイズ 幅×長さ×厚さ 価格(税込)
セミシングルサイズ() 80センチ×195センチ×10センチ 26,980円
シングルサイズ 97センチ×195センチ×10センチ 27,980円
セミダブルサイズ 80センチ×195センチ×10センチ 36,980円
ダブルサイズ 80センチ×195センチ×10センチ 39,980円
Scroll Up
飛ぶドライバーが好きな釣り人